スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/27現在の的中率&回収率

毎週火曜(水曜)のFC2ブログでは、
月間の回収率、年間の的中率&回収率公開。

中山金杯○
京都金杯○
シンザン記念○
フェアリーS●
京成杯○
日経新春杯●
京都牝馬S●
東海S●
AJCC●
シルクロードS●
根岸S●
きさらぎ賞●
東京新聞杯●
クイーンC●
京都記念●
共同通信杯●
ダイヤモンドS●
小倉大賞典●
フェブラリーS●
アーリントンC●
阪急杯●
中山記念●
チューリップ賞●
オーシャンS○
弥生賞●
中日新聞杯●
Fレビュー●
中山牝馬S○
ファルコンS●
フラワーC●
阪神大賞典●
スプリングS●
毎日杯●
日経賞○
マーチS●
高松宮記念○
大阪杯○
ダービー卿CT●
阪神牝馬S●
NZトロフィー●
桜花賞●
アンタレスS●
皐月賞●
福島牝馬S●
マイラーズC●
フローラS●
青葉賞○
春天●
京都新聞杯○
新潟大賞典●
NHKマイルC●
京王杯SC●
Vマイル●
平安S●
オークス●
ダービー○
目黒記念●
鳴尾記念●
安田記念○
マーメイドS●
エプソムC●
函館SS●
ユニコーンS●
宝塚記念●
CBC賞●
ラジオNIKKEI賞○
プロキオンS●
七夕賞●
函館記念●
函館2歳S○
中京記念●
クイーンS●
アイビスSD●
小倉記念●
レパードS●
エルムS○
関屋記念●
札幌記念●
北九州記念●
キーンランドC●
新潟2歳S●
札幌2歳S●
小倉2歳S○
新潟記念●
セントウルS●
京成杯AH●
ローズS●
セントライト記念●
神戸新聞杯●
オールカマー●
シリウスS●
スプリンターズS●
サウジアラビアRC●
毎日王冠●
京都大賞典●
府中牝馬S●
秋華賞○
富士S●
菊花賞●
(トリガミは不的中扱い)


<今月>
的中率11%(9-1)
回収率81%(921.5/1134)

<今年>
的中率18%(99-18)
回収率69%(8341.5/12126)

<昨年>
的中率26%(123-32)
回収率137.3%(20071/14612)

<一昨年>
的中率21%(114-24)
回収率129.5%(8619.9/6658)


オッズの低下は免れない中で、
一昨年は129%、昨年は137%を達成。

長いシーズン「紆余曲折」はいつものこと、
今年は160%しか見ていない。

昨年は54万の利益を提供したが、
今年は100万の利益を出してもらうことが目標。
(1点100円計算)

競馬は一撃が大切というのは自分が証明してきた通り、
今年も「持ってる」ところを見せたいと思う。

今年はあと27レース、
自分には十分すぎるほど残っている。

正直「負ける気は全くしない」ので、
個人的には非常にワクワクする状況である。

逆転勝利ほど気持ちがいいものはない、
今年も映画のような結末で締めくくる予定。

ギャンブルにおいて「取り返す」という考えはリスキーだが、
ここまでやられた分は倍返しで会員様に儲けてもらう。

「何言ってんだか」と思っている方も多いだろうが、
ビッグウェーブが来ない年はない。

強気な発言を連発しているので、
目標を達成できなかった場合は相当格好悪いが、

どのような結果でも隠さずに報告するので、
自分の戦いを楽しみに見ていただければと思う。


とは言っても慌てず騒がず勝負することが大切、
一喜一憂しないことが勝利の秘訣。

今週はスワンS、アルテミスS、秋天の豪華3本立て、
一発で100%まで持っていける可能性は十分ある。

事前検証段階のスワンSの穴候補は「この馬」
(馬名はランキング内に掲載中、現在60位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

レジまぐの競馬カテゴリー「セールスランキング第1位」
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

お申込みは簡単。
(便利なコンビニ決済、クレジット決済など)


先週の結果

まずは先週の結果報告。

<富士S>
3連単フォーメーション

1着欄
11、15、16

2着欄
2、3、5、7、11、14、15、16

3着欄
2、3、5、7、11、14、15、16

計126点→不的中

◎グランシルク
○フルーキー
▲サトノアラジン
☆シェルビー
△シャイニープリンス
△ダノンプラチナ
△ロゴタイプ
注ヤングマンパワー


<菊花賞>
3連単フォーメーション

1着欄
2、5、17

2着欄
2、3、5、7、8、9、11、17

3着欄
2、3、5、7、8、9、11、17

計126点→不的中

◎サトノラーゼン
○ベルーフ
▲リアファル
☆アルバートドック
△タンタアレグリア
△スティーグリッツ
△リアルスティール
注ミュゼエイリアン


2レース共に「5番人気以内」で馬券圏内独占、
意外に荒れなかった。
(富士Sは287倍、菊花賞は388倍)

手頃な配当だったとはいえ、
仕留めなければならないレース。

前週の秋華賞(856倍)に続く的中とはいかなかったが、
慌てず騒がず今週の勝負に挑みたい。

今週の3重賞は得意のカテゴリーなので、
個人的には一撃の大チャンスだと思っているが。

事前検証段階の秋天の穴候補は「この馬」
(馬名はランキング内に掲載中、現在60位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

レジまぐの競馬カテゴリー「セールスランキング第1位」
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

お申込みは簡単。
(便利なコンビニ決済、クレジット決済など)


菊花賞の隠し玉

本日はレース後にブログを更新できない可能性があるので、
レース前に更新しておく。

本日の勝負レースは菊花賞、
買い目は通常通りの3連単フォーメーション。

昨年は◎○の一騎打ちで、
3単592.2倍を難なく的中させた相性のいいレース。

混戦の今年は1着欄に人気薄も配置、
そして2、3着欄には「二桁人気」の大穴2頭を忍ばせている。

買い目の約40%は10万オーバー、
100万以上の特大配当も入っているので、

隠し玉(☆)が激走すれば一撃炸裂も大いに期待できるはず、
ワクワクしながらレースを待ちたい。

先週の秋華賞は☆マキシマムドパリが8万馬券的中に貢献、
もちろん菊花賞の☆も人気薄。

昨日の富士Sは☆シェルビーがあと一歩だったので、
(12番人気4着)

本日は馬券圏内まで来てほしいところ、
その可能性は十分あると見ている。

単発でも予想を販売しているので、
興味のある方はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目もすでに配信済み。

本日のランキング内では、
1番人気リアファルの印を特別公開。
(現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

レジまぐの競馬カテゴリー「セールスランキング第1位」
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

お申込みは簡単。
(便利なコンビニ決済、クレジット決済など)


今週の単発予想は菊花賞

昨年の7月2週目からスタートした単発予想の販売。
(メルマガ配信レースの中から選択、1週1レース)

昨年の単発予想の成績は24戦9勝、
的中率37.5%、回収率109%で終了。

今年の単発予想の成績は現時点で90%台だが、
(4062/4410で92%)

100%を超えるのも時間の問題、
先週の秋華賞に続く的中劇といきたい。
(3単856.1倍的中)

今週は菊花賞を単発で提供。
(富士Sはメルマガ限定配信)

昨年は◎○の一騎打ちで、
3単592.2倍を難なく的中させた相性のいいレース。

価格は税込みでジャスト1000円、
購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

本日19時に販売開始。

もちろん内容はメルマガと全く同じ、
本日19時の「事前検証」で重要ファクターを3つ紹介。

明日の8時に「出走全馬の見解」
そして12時に「買い目発表」という流れ。


秋華賞は☆マキシマムドパリが配当を跳ね上げてくれたが、
(☆は2、3着の観点から最も魅力的な穴馬に打つ印)

5番手評価としたアスカビレン(12番人気)が3着なら、
3単配当は16万を超えていた。

3着~7着までクビ、アタマ、ハナ、ハナ差の大接戦、
直線半ばで誰もが「アスカビレンが来た」と思っただろう。

最後の最後に失速して10万馬券とはいかなかったが、
それでも8万馬券なら上々。

そして菊花賞も引き続き高配当が狙えるメンバー構成、
今週こそは10万馬券ゲットといきたいところ。

まずは自分の☆に注目、
☆が激走してくれれば一撃炸裂の可能性大。

ちなみに今年の☆は半数が掲示板、
人気薄の4、5着も多いので3着内率は28%だが、

平均人気「7.5」を考慮すれば高い好走率、
複勝回収率も128%と優秀な数字となっている。

☆を確認するために、
メルマガを購読している方がいるのも納得。


先週土曜のランキング内では、
いい枠をもらった人気薄としてマキシマムドパリを紹介したが、

菊花賞でいい枠をもらったなと思う人気薄は「この馬」
(馬名はランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

レジまぐの競馬カテゴリー「セールスランキング第1位」
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

お申込みは簡単。
(便利なコンビニ決済、クレジット決済など)


富士Sの1着候補

今週は富士Sと菊花賞の2本立て、
昨年は2戦2勝で週間回収率は驚異の1293%を達成。

富士Sは◎☆○で3単26万馬券的中、
菊花賞は○◎のワンツーで3単592倍的中。

2日連続で◎○が共に好走してのドンピシャ的中劇、
1点100円計算でも30万以上のプラス。

今年も昨年同様の大勝といきたいところ、
もちろん今回も3連単フォーメーション勝負。

先週の秋華賞を超える回収率を目指したい。
(3単856倍的中)


混戦の菊花賞は相当楽しみだが、
富士Sもワクワクしているのは言うまでもない。

今年は例年以上にメンバーが揃った印象、
まずは「勝つ可能性が低い人気馬」を選別することが非常に重要。

3連単Fは「1着欄の精度」だけで勝てるほど甘くはないが、
これが出来なければ何も始まらない。
(詳細は勝率0%の恐怖のデータを参照)


富士Sと同じ東京で行われた先週の府中牝馬Sは、
1番人気と3番人気を「1着欄」から除外。

結果は11番人気に勝たれてしまい不的中だったが、
(スイートサルサが普通に勝てたレースだが)

勝つ可能性の低い人気馬の選別は悪くなかったと思う。

1番人気スマートレイアーの単勝や、
馬単&3連単の1着欄に配置する必要がなかったのは、

これを読めば一目瞭然、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。


能力はメンバー中「NO.1」だが、
左回り&多頭数の今回は半信半疑。

右回り(5-1-1-3)
左回り(1-1-0-4)

右回りでは5勝、
凄いパフォーマンスを見せることが多いが、

左回りは6戦中5戦で1番人気に支持されたものの、
勝ったのはデビュー2戦目の500万のみ。

さらに14頭立て以下だとデビュー以来(5-1-1-1)だが、
それ以上の頭数だと(1-1-0-6)

少頭数だと勝ち切ることが多く、
昨年の阪神牝馬S以来の勝利となった前走米子Sも10頭立て。

阪神牝馬Sも昨年は13頭立てだったが、
17頭立てだった今年は4着に敗れている。

多頭数だと凡走率が高まる馬。
(勝ったのはデビュー戦のみ)

昨年の府中牝馬Sは13頭立てで2着。

17頭立ての今年は、
昨年よりもパフォーマンスを落とす可能性は決して低くない。


スマートレイアーは昨年の2着馬、
斤量も1キロ減るのでノーマークは危険だが、

多頭数、左回りでは半信半疑。
(右回りではG1級なのだが)


以上がメルマガからの抜粋文。

今回のメンバーでは「能力NO.1」
斤量も軽かったので何とか2着は確保したものの、

やはり「左回り&多頭数」のダブルパンチでは、
勝ち切れないのは当然だろう。


珍しく人気があったケイアイエレガント(3番人気)を、
今回に限って飛びつくのはナンセンス。

印を打った中で最下位評価としたが、
(最後の切り札「注」ではなく、普通の8番手の△)

同馬に今回「重い印」を打っていいのは、
春にお世話になった方のみだろう。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(ケイアイエレガントについて記述した内容)


これまで7勝、2着3回という成績だが、
この連対10回中9回が「5番人気以下」

走っても走っても人気にならないタイプ、
1番人気に支持されたことはデビュー以来1回のみ。
(2番人気0回、3番人気1回)

キャリア31戦中、
人気よりも下の着順だったのは5戦しかない。

昨年は二桁人気で連続好走した後に5番人気で重賞初制覇、
近3走も全て人気薄だったが激走の連続。

京都牝馬S10番人気1着、Vマイル12番人気2着、
そして前走安田記念は11番人気5着。

今回も軽視禁物だろうが、
近3走は全て「前が有利」だったことも忘れてはならない。


ケイアイエレガントは人気薄で好走してきたが、
今回は人気急上昇。

人気薄の方が持ち味が生きる脚質、
前走G1組は過去10年で(1-0-0-18)でもある。


以上がメルマガからの抜粋文。

上位人気なら押さえ程度で十分の馬。
(滅多に人気にならないが)

一方で人気薄なら常に警戒が必要、
次走以降は人気急落を期待したい。


このように府中牝馬Sは、
上位人気の中で1、3番人気を1着欄から除外したが、

富士Sで3番人気以内が予想されるのは、
サトノアラジン、フルーキー、クラリティスカイか。

昨年の富士Sは、
◎☆○の本線で26万馬券の特大ホームランだったが、

4着、5着も印を回した馬だったので、
5連単でも的中できただろう。
(1番手→4番手→2番手→7番手→5番手評価の順で入線)

5番手のエキストラエンド(9番人気)が3着なら、
配当は30万を超えたのだが。
(3着馬とタイム差なしの大接戦)

馬単(227倍)や3連複(462倍)を的中させたという声も多数、
今年も優良な情報がお届けできればと思う。


そのためには「1着欄」がまずは大切、
◎を予定している馬はほぼ勝てると思っている。

昨年の◎ステファノス(単勝6.1倍で1着)同様、
週明けの段階で◎を打つことは決定。

そして☆にも注目。
(☆は2、3着の観点から最も魅力的な穴馬に打つ印)

昨年は☆シャイニープリンスが12番人気2着、
今年も☆が激走すれば一撃が炸裂するだろう。

10年は単勝85倍の13番人気ガルボ◎で大反響だったが、
(当時の◎は馬券圏内の観点)

今年の☆も券種によっては◎を打っていいほど、
魅力溢れる馬である。

今年の富士Sで大穴をあけそうなのは「このタイプ」
(ランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

レジまぐの競馬カテゴリー「セールスランキング第1位」
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

お申込みは簡単。
(便利なコンビニ決済、クレジット決済など)


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。