スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館記念回顧

まずは先週の結果報告。

<函館記念>
3連単フォーメーション

1着欄
5、7、11

2着欄
3、4、5、7、11、12、13、16

3着欄
3、4、5、7、11、12、13、16

計126点→不的中

◎ダービーフィズ
○ラブイズブーシェ
▲エアソミュール
☆エックスマーク
△マイネルミラノ
△デウスウルト
△レッドレイヴン
注ハギノハイブリッド


5年連続で◎が好走していた函館記念、
今年の◎は迷わずダービーフィズ。

想定以上の人気になっていたものの、
かなり自信があったので変更する気は毛頭なし。

結果は分析通りの差し切り勝ち、
これで6年連続で◎好走という快挙達成。
(しかも内4頭が7番人気以下)

15年◎ダービーフィズ(3番人気1着)
14年◎ステラウインド(7番人気3着)
13年◎アンコイルド(7番人気2着)
12年◎ミッキーパンプキン(7番人気3着)
11年◎マヤノライジン(12番人気2着)
10年◎マイネルスターリー(2番人気1着)

函館記念は◎の好走率が異常に高いということで、
(先週のブログで連呼)

馬連や馬単、単複やワイドで勝負した会員様が、
多数いらっしゃったようだが、

肝心の買い目が不的中では意味がない。
(3着ヤマカツエース抜け)

全ての会員様と喜びを分かち合えなければ、
仕事をしたとは到底言えない。


12万馬券を演出したハギノハイブリッドは、
(二桁人気ながら2着に激走)

最後の切り札として拾っていただけに、
もったいない一戦となってしまった。
(自分の「注」は切り札という意味)

ハギノハイブリッドは内枠巧者、
特に1、2枠をもらった時は常に警戒が必要な馬。

ただでさえ函館記念は内枠有利のレース、
特に近年は1~4番ゲートの活躍が目立っていた。

さらに前日の函館芝で人気薄のタニノギムレット産駒が激走、
そして何と言っても「最後の切り札」に指名した決め手はこれ。

ハギノハイブリッドは母父トニービンだが、
現在の函館芝2000Mは明らかにトニービンの血が有効。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。

函館芝2000Mはトニービン内包馬の活躍が継続中、
特に内枠の馬。

3代内にトニービンを内包&8番ゲートより内枠だった馬は、
7/5以降の函館芝2000Mで(0-3-2-2)

7頭全馬「6番人気以下」だったが、
3着内率71%、複勝回収率298%をマーク。

先程行われた函館4R(芝2000M)も、
内枠のトニービン内包馬がクビ差2着。


以上がメルマガからの抜粋文、
そして函館記念もトニービンの血が炸裂。

2頭しかいなかった内枠トニービンのワンツーで馬単129倍。
(勝ち馬ダービーフィズは父父トニービン)

2頭で3着以下を3馬身半ちぎっての一騎打ち、
トニービンの血が効いていたことは間違いない。

今年の函館記念は血統的には非常にシンプルな結果。
(今年に限ったことではないが)

父か母父がトニービン系だったのは3頭
そして父か母父がロベルト系だったのは3頭だったが、

この5頭できれいに掲示板を独占。
(ハギノハイブリッドは両方該当)

1着ダービーフィズ(父トニービン系)
2着ハギノハイブリッド(父ロベルト系、母父トニービン)
3着ヤマカツエース(母父ロベルト系)
4着エアソミュール(父トニービン系)
5着レッドレイヴン(母父ロベルト系)

トニービンが走りやすい馬場(レース)はロベルトも走りやすい、
これがわかっていながらヤマカツエース無印はいただけない。

枠順的にも函館記念らしい結果だった。
(1~3着は5番、3番、1番ゲート)


ヤマカツエースは血統的に使い詰めが良くない馬、
よって間隔をあけてきた点はプラス。
(前走まで5戦連続「中3週以内」だった)

多頭数の混戦向きなので、
激戦となる小回りのハンデ重賞もいい。

そしてタフな馬場も間違いなく得意とお伝えしていたが、
距離適性の問題だけでノーマーク。

1枠&軽ハンデなら克服可能の判断が正解、
キンカメ産駒ということも合わせると押さえは必要だった。

函館芝2000Mはキンカメの得意舞台。
(回収率は単複共に100%オーバー)

しかも前日の函館12Rはキンカメ産駒のワンツーで馬単78倍、
これが最大のヒントだった。
(デウスウルトにいってしまったのはナンセンス)

前走NHKマイルCは評価を下げたものの、
(結果は13着)

7番人気だった2走前のNZトロフィーは○に抜擢して1着、
5番人気だった3走前のファルコンSは◎に抜擢してハナ、ハナ差の3着。
(直線スムーズなら突き抜けていたレース)

12頭中10番人気だった4走前のアーリントンCでも▲評価。
(上がり2位の末脚で、勝ち馬から0.2差と善戦)

人気になりづらい地味なタイプだが、
世間の想像以上に能力が高い馬なのである。

自分は早い段階からそれを見抜き、
同馬には重い印を打ち続けてきただけに、

今回は痛恨の無印となってしまったが、
今後は同馬とうまく付き合っていければと思う。
(何度も高配当に貢献するはず)


先週の函館記念は12万馬券を取り損なってしまったが、
今週はスッキリと高配当を的中させたいところ。

とは言っても慌てず騒がず勝負することが大切、
一喜一憂しないことが勝利の秘訣。

この思考が安定した成績を残せている要因の1つ。
(昨年の年間回収率は137.3%、一昨年は129.5%)

連敗でギャーギャー騒ぎ立てるのは素人、
競馬だけでなくギャンブル全般に向いていない典型。

全く動じないのが「強いギャンブラー」
一発で仕留めるのがプロの仕事なのだ。

今週は函館2歳S、中京記念の2本立て、
中京記念の穴候補は「この馬」
(馬名はランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。