スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/7現在の的中率&回収率

毎週火曜(水曜)のFC2ブログでは、
月間の回収率、年間の的中率&回収率公開。

中山金杯○
京都金杯○
シンザン記念○
フェアリーS●
京成杯○
日経新春杯●
京都牝馬S●
東海S●
AJCC●
シルクロードS●
根岸S●
きさらぎ賞●
東京新聞杯●
クイーンC●
京都記念●
共同通信杯●
ダイヤモンドS●
小倉大賞典●
フェブラリーS●
アーリントンC●
阪急杯●
中山記念●
チューリップ賞●
オーシャンS○
弥生賞●
中日新聞杯●
Fレビュー●
中山牝馬S○
ファルコンS●
フラワーC●
阪神大賞典●
スプリングS●
毎日杯●
日経賞○
マーチS●
高松宮記念○
大阪杯○
ダービー卿CT●
阪神牝馬S●
NZトロフィー●
桜花賞●
アンタレスS●
皐月賞●
福島牝馬S●
マイラーズC●
フローラS●
青葉賞○
春天●
京都新聞杯○
新潟大賞典●
NHKマイルC●
京王杯SC●
Vマイル●
平安S●
オークス●
ダービー○
目黒記念●
鳴尾記念●
安田記念○
マーメイドS●
エプソムC●
函館SS●
ユニコーンS●
宝塚記念●
CBC賞●
ラジオNIKKEI賞○
(トリガミは不的中扱い)


<今月>
的中率50%(2-1)
回収率298%(751/252)

<今年>
的中率21%(66-14)
回収率79%(6272.4/7968)

<昨年>
的中率26%(123-32)
回収率137.3%(20071/14612)

<一昨年>
的中率21%(114-24)
回収率129.5%(8619.9/6658)


先月は1週目の安田記念で12万馬券的中、
そして今月も1週目のラジオNIKKEI賞で7万馬券的中。

今月も1週目で月間プラス収支はほぼ確定、
あとはどれだけプラスを積み上げることができるか。

昨年の7月は1点100円計算で15万以上のプラス収支、
今年の7月はそれ以上の大勝を目指したいところ。

博才がある人間は「取れる時に取る」
得意の時期にどれだけ大勝できるかが勝負のポイント。

今がメルマガ購読の絶好機、
乗り遅れないように気をつけていただきたい。
(特に昨年乗り遅れてしまった方)


☆は勝つ可能性は低くても、
馬券圏内の観点から最も魅力的な穴馬に打つ印だが、

安田記念は☆に抜擢したクラレントが12番人気3着、
ラジオNIKKEI賞も☆に抜擢したマルターズアポジーが12番人気3着。

自分の馬券の肝は☆、
☆が激走してくれれば一撃炸裂の可能性は高まるので今後も注目。

安田記念では12番人気クラレントの他に、
16番人気馬にも印を回したが、

ラジオNIKKEI賞でも印を打った8頭中5頭が「9番人気以下」
よって買い目のほとんどは高額配当。
(自分の買い目は3連単のみ)

その中には100万馬券も入っていたが、
今年の夏は果敢に50万、100万馬券を狙う予定。

狙って獲れる馬券だということを証明したい。
(もちろんやみくもに狙うのではなく、特大配当が期待できるレースで)


自分が夏競馬を最も得意にしているのは周知の通り。
(なぜ得意なのかは、機会があればお伝えする予定)

今年も買い目の丸乗りで大儲けしていただければと思う。
(提供レースは重賞のみなので勝負しやすいはず)

昨年は6~8月の3ヶ月間で50万以上の利益を提供。
(1点100円計算)

3ヶ月間の的中率はなんと40%オーバー、
3連単のみで勝負しているとは思えない的中率。

繁華街で豪遊できたとか旅行先で贅沢三昧してるなど、
いい夏休みが過ごせたというメールをたくさん頂いたが、

こういった声は非常にうれしいので、
今年もたくさん頂けるように頑張りたい。

自分は余程の事がない限り外出しない。
(半年に1回程度、酒を飲むなどもってのほか)

起きている時間のほとんど全てを競馬に注いでいるので、
会員様には自分の分まで「儲けた金」で遊んでほしいと思っている。

自分にとってメルマガ会員様は同志、戦友、
共に戦い、喜びを分かち合うのが本望。

ただし競馬は「他人との金の奪い合い」
その他の競馬ファンからは金を奪い取る気持ちでやっている。

つまり自分のメルマガ読者以外は負けてもらうことになる。
(その金を自分と会員様がゲットというわかりやすい図式)


春の不調で年間回収率は100%を割っているが、
ギャンブルなので好不調の波は当然ある。

競馬は一撃が大切というのは自分が証明してきた通り、
100%を超えるのも時間の問題だろう。
(1回のホームランで100%にもっていける範囲)

ギャンブルにおいて「取り返す」という考えはリスキーだが、
やられた分は倍返しで会員様に儲けてもらう。

正直「負ける気は全くしない」ので、
安心してついてきてほしい。

素人が手を出すと十中八九負ける3連単、
この3連単で毎年安定した利益をお届けすることが自分の使命。

昨年も春は鳴かず飛ばずの成績だったが、
夏の大爆発で一気に勝負を決めた。

長いシーズン「紆余曲折」はいつものこと、
今年も7月、8月は「勝負どころ」

難解な夏競馬こそプロとして「腕の見せ所」
そしてプロが最も稼げる季節と言えるだろう。


夏は配当面で相当楽しめるレースが目白押し、
まずは8月いっぱいまでに年間プラス収支を確定させたい。

オッズの低下は免れない中で、
一昨年は129%、昨年は137%を達成。

そして今年は160%しか見ていない、
これから10万馬券を何本ゲットできるかワクワクしている。

今年は会員様に100万の利益を出してもらうことが目標。
(1点100円計算)

強気な発言を連発しているので、
目標を達成できなかった場合は相当格好悪いが、

どのような結果でも隠さずに報告するので、
FC2読者は「自分の戦い」を楽しみに見ていただければと思う。


今週は七夕賞、プロキオンSの2本立て、
先週のラジオNIKKEI賞に続いて2週連続ホームランの大チャンス。

昨年は2戦2勝で払い戻しは14万オーバーを記録。
(1点100円計算)

七夕賞は◎△▲で1217.4倍、
プロキオンSは▲◎△で184.3倍的中。

七夕賞は毎年特大配当が出現している難解なレースだが、
自分は過去5年で「5戦3勝」と得意のカテゴリー。

プロキオンSも個人的に楽しみな一戦、
昨年10番人気で3着に激走したガンジスを拾ったが、

当レースの典型的な穴パターンは「これ」
(ランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。