スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎10番人気デニムアンドルビーも

今週は宝塚記念の1本勝負、
買い目はもちろん3連単フォーメーション。

単勝1倍台のゴールドシップは、
近2年よりも状況が悪化していたので、

ランキング内で公開した通り3番手評価、
そして◎は別の馬。

過去5年の◎は2、3、6、6、8番人気、
人気薄に◎を打つことが多い中、

◎は5頭中4頭が好走。
(特に単勝37倍のナカヤマフェスタ◎は会心だった)

今年もそれなりに自信はあったが、
今年の◎も人気薄デニムアンドルビー。


10番人気という低評価だったが、
頭も十分ある馬だということは間違いなかった。

毎年「宝塚記念の◎」はしばらく前から決まっているが、
今年も例外ではなく、

「あの馬」以外に◎は考えられない、
週中のFC2ブログでこう宣言していた。

その理由は2走前の阪神大賞典のレースを見て、
宝塚記念では◎を打つと決めていたからである。

ちなみに前走春天は無印で10着に敗れたが、
宝塚記念に繋がる内容で自信を深めていた。


そして結果は圧倒的な末脚でクビ差2着に激走。
(上がり2位馬に0.6差をつける上がり最速)

10番人気の低評価をあざ笑うかのような走り。

ゴールドシップがとんで52万馬券という特大配当となったが、
自分はゲットできず。

デニムアンドルビーはベストの条件だったにもかかわらず、
(もちろん能力も上位)

人気が全くなかったので、
配当面で大チャンスだと思っていたのだが、

買い目が的中しなければ意味なし、
50万オーバーの馬券はそう簡単に取らせてくれないということか。


6月は想定よりも爆発とはいかなかったが、
月間回収率147%と最低限の仕事はできたか。

7月、8月もプラス収支だろうが、
やはり大勝しなければ全く喜べない。

得意の時期にどれだけ勝てるかが勝負のポイント、
7月、8月の17重賞は気合いを入れていきたい。

来週はラジオNIKKEI賞、CBC賞の2本立て、
事前検証段階で注目しているのは「この馬」
(馬名はランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。