スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルマガ1本で1億突破

2009年2月に創刊した自身のメルマガ。
(PC版は2009年9月創刊)

現在3600回以上に及ぶ発行回数。

今年で6年目を迎えたが、
自分の「全て」を懸けてきたと言っても過言ではない。

レジまぐの「総合メルマガランキング」は現在、
モバイル版が第3位、PC版が第6位。

メルマガ数は約500、人気メルマガがひしめく中で、
2010年から4年間「順位」をキープ。

1年以上「新規会員募集打ち切り」の期間もありながら、
(10年10月~12年1月、この間に2度の1週間限定募集あり)

昨年の段階で売上は1億円を突破。

とは言ってもレジまぐを介しているので自分の報酬はその70%、
そして税金も相当持っていかれるが。
(今月は確定申告、税理士の先生に一任している)

有名になってからではなく、
全くの無名だった一般人がゼロからのスタート。

そして誰の手も借りずに全て一人でやっているメルマガとしては、
驚異的な数字だと思っている。

いろんなことに手を出している予想家が目に付く中で、
自分は「メルマガ予想」だけで登り詰めてきた。

こんなことを書くと叩かれそうだが、
メルマガ1本で1億突破という実績が「信頼の証」だと自負している。

他とは格が違うと言っても過言ではない。

さらに競馬予想業界ではありえない、
毎月90%以上の継続率などが評価されて、

1年前「レジまぐ初の公認メルマガ」に認定された。

壁を乗り越えた自分は「現役最強」だと思っているが、
(詳細は他人を儲けさせるということを参照)

お申込みにあたっての注意事項を記載しておく。


1ヶ月5250円(税込)という価格。
(創刊当初から据え置き)

今年は平地重賞126レース全てを提供、
つまり平均すると「1レース500円」
(5250円×12か月÷126レース)

まさに「ワンコイン予想」

自分の「全て」を懸けているメルマガなので、
個人的には「格安」だと思っている。

これが高いと思う方のお申込みはお断り、
はっきり言って500円で提供できる情報ではない。

そして最も大切なのは、
長期間お付き合い頂ける方のみでお願いしたいという点。

競馬は毎回当たるものではなく、
まして連戦連勝などありえないのだ。

連敗でギャーギャー騒ぎ立てるのは素人、
全く動じないのが「強いギャンブラー」

一発で仕留めるのがプロの仕事なのだ。

競馬はギャンブルだということを理解しておらず、
一喜一憂する方はお断り。

また競馬歴が長い短いに関係なく、
「本当に競馬が好きな方」

このメルマガを通して、
共に戦い、喜びを分かち合える方は大歓迎である。

初月無料の特典をつけているが、
(例えば今月お申込みをした場合は4月末まで1ヶ月分の購読料)

これはあくまで長期間お付き合い頂ける方に向けたサービス、
初月無料という特典だけにとびついてという方はご遠慮願いたい。


限られた「実弾」で勝負する資金一極集中スタイル、
数多く予想しないことが自分のモットー。

年間の提供レースは126レースのみ、
平均すると1ヶ月「わずか10レース」

他の予想会社や予想家の1週間分、
もしくは1日分の提供数だろう。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる的な予想が蔓延している昨今だが、
そんなにたくさん提供されても、

一体誰の予想に乗ればいいのか、
そしてどのレースで勝負すればいいのかわからない。

自信がないほどたくさんのレースをしたがる傾向、
数多く予想すればどれかは当たるという思考。

さらに不的中レースには全く触れず、
的中したレースだけを宣伝するから腹も立つだろう。

プロ野球でいえば打率は公表せずに、
ヒット数、ホームラン数しか公表しないということ。

当たり前だがプロ野球でそんなことは許されない。

しかし予想業界は数えきれない凡打(不的中レース)は無視、
そしてヒット(的中レース)だけを大袈裟に公表。

会員様からそういう体験談のメールをいただくと、
なおさら自分が頑張らねばと気合が入る。

打率(的中率)や打点(回収率)は一切触れないというのが常識、
だから競馬予想業界はあやしいと思われるのだ。

「競馬歴数十年で初めて本物に出会った」

こういうメールもいただいているが、
今後も予想業界の「常識」を覆していきたい。

同業者に叩かれ続けるのは「百も承知」
(素人のフリをした同業者含む)

真っ当な提供をしていない人間ほど煙たがるだろうが、
予想家の地位向上が自分の役割だと思っている。
(賛同してくれる予想家がいればうれしい)


有料予想で大切なのは
派手な配当ではなく「回収率」なのだ。

週間の回収率、月間の回収率、年間の回収率、
これは公表すべきである。

あれだけ大々的に高配当的中と宣伝するなら、
回収率も100%を超えていれば当然自慢するだろう。

しかし派手な配当の広告は多いが、
回収率には一切触れていないものがほとんど。

裏を返せば「都合が悪い」ということ、
回収率は相当まずいと公言しているようなものだ。

さらに印のみの予想の場合、
全てにおいて「後付け」が可能となる。

印の組み合わせで、
最も派手な配当を載せておけばいい。

3連単的中という見出しが多いのはそういうことだ。

最も難しいのは「買い目」であり、
これがいかに頭を悩ます作業であるということは、

競馬ファン全員が痛いほど分かっていることだろう。

分析術と馬券術が共に備わっていない限り、
決して競馬では勝てないのだ。


ここまで偉そうなことを書いてきたが、
世の中には自分の知らない優良な商材もあるだろう。

昨今は様々な競馬商材が溢れている。

自分に合っているもの、納得できるものを選択することが、
競馬を心から楽しむために重要なこと。

現在はピーク時(800名以上)に比べると、
大分落ち着いた会員数になっており、

これも様々な面でいい影響を及ぼしている。

レジまぐでは「プレミアムメルマガ」という、
会員数を限定して配信できるメルマガがリリースされたので、

こちらに移行することも考えている。

いずれにしても心から必要としている方以外は、
このメルマガに固執する必要性はない。

自分のマニアックな予想や考えを理解してくれる方だけ、
ついてくればいい。

以下のリンク先の紹介文やサンプルをご覧になって熟考した上で、
お申込みいただければと思う。


今週はチューリップ賞、オーシャンS、弥生賞の3本立て、
枠順次第では面白い「弥生賞の穴馬」をランキング内で紹介中。
(現在70位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

メルマガのお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。