スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎○のワンツーで4万馬券

まずは先週(今週)の結果報告。

<マイルCS>
3連単フォーメーション

1着欄
8、9、13

2着欄
8、9、10、11、12、13、14、15

3着欄
8、9、10、11、12、13、14、15

計126点→不的中

◎ワールドエース
○トーセンラー
▲フィエロ
☆ロゴタイプ
△グランプリボス
△ダノンシャーク
△クラレント
△ミッキーアイル


<東スポ杯2歳S>
3連単フォーメーション

1着欄
1、2、3

2着欄
1、2、3、7、8、9、11、13

3着欄
1、2、3、7、8、9、11、13

計126点→的中(408.5倍、回収率324%)

◎サトノクラウン
○アヴニールマルシェ
▲グリュイエール
☆ジャストドゥイング
△スワーヴジョージ
△クラージュシチー
△マイネルシュバリエ
注ソールインパクト


マイルCSは昨日の回顧でお伝えした通り、
本当にセンスのない予想だっただけに、

本日の東スポ杯2歳Sは、
文字通り「負けられない戦い」となった。

結果は◎○のワンツーと分析通りに入線し、
3連単408.5倍を的中。

◎は4番人気サトノクラウン。

里見オーナーの所有馬は東スポ杯で2年連続で人気を裏切っていたが、
(単勝1倍台サトノアラジン5着、2番人気サトノノブレス6着)

自分は2頭共に「無印」
しかし今年のサトノクラウンは上記2頭とは違うと見ての◎抜擢。
(スピード、完成度の観点から)

ここで「サトノ」だったわけである。

1戦1勝馬で一見「危険」のように思えるが、
レース質を考えると同馬以外に◎はありえなかった。

SSの血が一滴も入っていない欧州血統馬だが、
このレースでは惚れ惚れするような血統背景なのだ。
(父マルジュ、母父ミスワキ系、全姉ライトニングパール)

○アヴニールマルシェも今回の舞台では鬼と言える配合、
まさに血統通りの結果となったわけである。

そして何と言っても本日は、
4万馬券を演出してくれたソールインパクトだろう。

自分が「注」を打つことは稀、
以前もお伝えした通り「最後の切り札」という意味。
(詳細はこちらを参照)

今回のソールインパクトは、
アルテミスSのココロノアイ以来「今年8頭目」

ココロノアイは9番人気で1着、
そして今回のソールインパクトも9番人気で激走。

今後も自分の「注」に注目していただきたい。
(滅多に打たないが)

ソールインパクトを最後の切り札に指名した理由は、
魅力溢れる血統背景だったからである。

改めて競馬は「ブラッドスポーツ」だと実感した。

ちなみにソールインパクトは昨日のランキング内で紹介した、
東スポ杯の典型的な穴パターン「前走未勝利組」だった。

今後もランキング内では、
FC2読者にとって役立つ情報を記載していきたいと思っているが、

本日は早速「JCの大穴候補」を紹介。
(ランキング内に掲載中、現在60位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。