スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の単発予想はセントウルS

たくさんのご要望にお応えして、
先月からスタートした「単発予想」の販売。

ここまで9週が経過、
1週1レースなので「9つ」を提供したが、

9戦5勝で的中率56%、回収率206%、
まずは期待に応えることができていると思う。

一発目の七夕賞でいきなり12万馬券的中。
(◎△▲)

アイビスSDは▲◎△で214倍、小倉記念は○△◎で264倍、
関屋記念は◎○△で398倍的中で3連勝達成。

新潟2歳Sは▲◎注で164倍を手堅くゲット。

◎の精度の高さが好調の理由、
ここまで(2-2-2-3)で9頭中7頭が「4着内」

勝率22%、連対率44%、3着内率67%、
単勝回収率251%、複勝回収率188%という圧巻の成績。

1着2頭は共に「単勝10倍以上」
さらに5番人気2着、7番人気3着など伏兵が好走連発。

今後も自分の◎に注目、
そして的中する時は◎だけでなく○か▲も必ず好走している。


単発予想は自分の想像以上に大反響、
新参者ながら携帯bookの売上ランキングは早くもトップ3入り。

二発目の函館記念のような凡ミスに気をつけながら、
(◎ステラウインド7番人気3着もフォーメーションがズレて8万馬券を逃す)

今後も優良な情報をお届けできればと思っている。

不的中だった42万の中京記念と395万の北九州記念、
このような特大配当も仕留めてこそプロ。

果敢に狙っていきたい。

大波乱を想定して挑んだ先週の新潟記念は、
ガチガチの決着でカスリもしなかったが、

的中率を見ると今週は当たる番か、
いずれにしてもセントウルSは個人的に楽しみにしていたレース。

07年以降の過去7回で堅かったのは2回のみ、
世間の想像以上に配当妙味があるレース。

07年16万、08年88万、09年10万、10年8万、12年37万、
今年も波乱の可能性は十分あるだろう。

価格は税込みでジャスト1000円、
購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」


単発予想はメルマガはなく、
レジまぐの携帯bookというシステムを利用して販売。

「競馬データぶろぐ。」という本を発行、
章が1週間毎に増えていくイメージ。

今週のセントウルSは13章、
1章、7章、9章は無料なので興味のある方はぜひ。

1章(1つのレースの分析結果)のボリュームは、
平均15ページ前後。

もちろん内容はメルマガと全く同じ、
レース前日に「事前検証」のページを更新。
(セントウルSの事前検証は13時に更新)

レース当日の8時に「見解」
そして12時に「買い目」のページ更新という流れ。
(どんどんページが増量)


買い目は3連単のみ、
基本はフォーメーション126点勝負。

3-8-8は自分の専売特許。
(点数の考え方についてはこちらを参照)

以前もお伝えしたように、
昨年の8月からは自分の買いたいように買っている。

自分のためだけと思えば負ける気がしないからだ。

人のために当てようとすると当たらない、
格好つけてもいいことは何もないのである。

大物を仕留めるために「網」を張っているので、
トリガミは気にしていない。

もちろん完全に不的中扱いとしているが、
トリガミ分で7万も戻ってきているのは大きいと思う。
(1点100円計算)

回収率には貢献してくれている。
(仮にトリガミも的中とすれば的中率は40%近くある)

この考え方を理解してくれる方だけ、
単発予想を買ってもらいたい。

3連単は他の券種とは全くの別物、
これを肝に銘じて勝負に挑んでいる。

カッコつけて勝てるほど甘くない、
3連単は相当シビアにいかなければやられる。

いずれにしても勝っている理論は正しく、
負けている理論は間違っている。

ただそれだけのこと。


3連単に移行したのが昨年12月中旬、
3連単移行後の回収率は現時点で「165%」
(17259/10452)

1点100円計算でも約70万の利益。

今年に限定しても「143%」
(詳細は9/9現在の的中率&回収率を参照)

勝負レースは「重賞のみ」という少ないチャンスの中、
8ヶ月で10万オーバーの馬券を7本。

阪神C32万、根岸S15万、ダービー10万、ユニコーンS22万、
七夕賞12万、エルムS11万、レパードS13万。

その他にも阪急杯665倍、日経賞605倍、
京都新聞杯551倍、エプソムC494倍などの的中実績。

買い目の丸乗りで大幅プラス収支を達成してもらう、
これが自分のモットーである。


点数が多いと感じる方は、
買い目をそのまま馬単に移行すればいいとお伝えしているが、

もちろん馬単でも大幅プラス収支、
馬単なら的中だったというレースも多い。

さらに◎の単複ベタ買いでも余裕のプラス。
(馬単成績や◎の成績はこちらを参照)

つまり自分の分析術をもってすれば、
どんな買い方でも「負けない」ということだ。

馬単などで資金を増やして3連単に挑戦するのもあり、
一度「高額配当」を取ってしまえば楽になるはず。

10万馬券を当たり前のように仕留めており、
(少ない提供レースで的中させるところに価値がある)

PATに入金することがなくなったというメールも多数頂いているが、

資金がうまく回り始めれば、
3連単は面白くてたまらなくなるだろう。


単発予想を開始しているということで、
これまで以上に的中率を意識する必要あり。

とは言っても競馬(しかも3連単)なので、
そう毎回当たるものではないということを念頭に置いて、

予想を買っていただけるとありがたい。

自分の場合「一発」で決める破壊力が最大の特徴、
常々言っているように競馬は「一撃」が大切なのだ。

それは自分がこれまで証明してきた通りである。

10万馬券を何発も食らわせているが、
自分の中ではまだまだ序章に過ぎない。

そろそろ50万、100万馬券を仕留めたいところ、
狙って獲れる馬券だというのをお見せできればと思う。


京成杯AHはメルマガ限定配信、
こちらも波乱度の高いレースで非常に楽しみ。

今年は新潟施行だが、
今年の新潟マイル重賞はここまで2戦2勝。
(関屋記念、新潟2歳S)

馬場(好走血統)を読めていることが好調の要因。

関屋記念は◎○△で3単398倍を仕留めたが、
京成杯AHは関屋記念組の順位付けが最大のポイントだろう。
(出走馬の半数以上が関屋記念組)

関屋記念組の取捨で重視したいファクターは「これ」
(ランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。