スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の買い目

穴馬だけをピックアップして自慢している予想家がいるが、
複数の穴馬を挙げれば1頭は来るだろう。
(その程度で大喜びする姿が恥ずかしい)

難しいのは「その穴馬を生かす買い方」
本当の勝負はそこなのだ。

競馬は「穴馬発掘ゲーム」なんていう生易しいものではなく、
命の次に大切な金を懸けるギャンブル。

最も難しいのは「買い目」であり、
これがいかに頭を悩ます作業であるということは、

競馬ファン全員が痛いほど分かっていることだろう。

分析術と馬券術が共に備わっていない限り、
決して競馬では勝てないのだ。

買い方のセンスが「勝負の分かれ目」である。


最も難しい「買い目」をうやむやにするのは予想家失格、
自分は競馬で儲ける自信がありませんと公言しているようなもの。

よくそれで金を取れるなと思う。

自信がない人間ほど「いろいろなもの」に手を出したがる。
(アフィリエイトや広告収入)

これを読んで腹が立つ予想家がいるとすれば、
まさに図星をつかれているということ。

買い目の丸乗りで大幅プラス収支を達成してもらう、
これが有料予想を提供している者として最低限の心構え。

買い目を提供してから、
アレンジするのは会員様の自由というスタンスが、

プロの予想家として「最低限のモラル」だろう。


買い目(資金配分も)を公表しての年間プラス収支達成、
昨年の目標は有言実行となったが、

今年は昨年の129%を上回る「年間回収率160%」が目標、
会員様に100万の利益を出してもらうことが自分の使命。
(1点100円計算)

初めのうちは「何言ってんだか」と思われていただろうが、
いよいよ現実味を帯びてきている。


話題の馬券裁判男の回収率は105%程度、
資金を回して1億円以上の利益を出したわけだが、

これは絶対の自信を持つ「予想メソッド」を、
自ら構築したからこそ可能な事象。

他人から買い目を提供されても、
大金を懸け続けることなどできないだろう。

金額が大きくなればなるほど「不安」になるのが人間、
この馬で堅いと思っていてもなかなか買いづらいもの。


競馬は資金力がモノを言うが、
少しは「いい思い」ができるくらいは稼ぎたい。

それも無理のない投資で達成したい、
寿命が縮まるような金額は張りたくない。

これが普通のサラリーマンの本音だろう。

常識的な賭け金で年間100万の利益、
となると年間回収率160%は必要なのだ。

一般人が「他人の買い目」で劇的な成果を上げるとなると、
105%では全然足りない。

これを念頭に置くことが、
プロの予想家として最低限のことだろう。


現在1レース126点(3連単)が基本、
つまり1点100円計算だと12600円。

1週2~3レースの提供なので、
(52週で重賞126レース)

1週あたり2~3万円台の賭けとなる。

これより少ない投資で年間100万の利益となると、
回収率200%以上が必要になってくる。

他人に買い目を提供するという「制約」がある中で、
これは現実的ではない。
(他人を儲けさせるというのは困難を極める)

3連単は「網」を張ることが重要だいうことも合わせて、
1レース126点の提供が「最適」だと考えている。


自分が年間回収率の目標を160%に設定している理由が、
よくお分かりいただけたと思う。

点数が多いと感じる方は、
買い目をそのまま馬単に移行すればいいとお伝えしているが、

もちろん馬単でも大幅プラス収支、
馬単なら的中だったというレースも多い。

さらに◎の単複ベタ買いでも余裕のプラス。
(馬単成績や◎の成績はこちらを参照)

つまり自分の分析術をもってすれば、
どんな買い方でも「負けない」ということだが、

馬単などで資金を増やして3連単に挑戦するのもあり、
一度「高額配当」を取ってしまえば楽になるはずだ。

10万馬券を当たり前のように仕留めており、
(少ない提供レースで的中させるところに価値がある)

PATに入金することがなくなったというメールも多数。

資金がうまく回り始めれば、
3連単は面白くてたまらないことを実感してもらっている。


年間プラス収支がほぼ確定した今、
後は年間回収率160%に向けて突っ走るのみ。

夏競馬が年間プラス収支を確定させる季節なら、
秋競馬はプラスをひたすら積み上げる季節。

自分のメルマガの存在を知りながら購読していない方、
つまり「夏の爆発」を体験できずに大儲けし損ねた方、

秋は乗り遅れないように気を付けていただきたい、
まさに「後悔先に立たず」である。

この1年間はスランプらしいスランプもない。
(詳細は近1年を振り返ってを参照)

正直「負ける気がしない」
自分より凄い予想家がいたら教えて欲しいくらいだ。
(もちろん的中率、回収率を公開していないのは論外)


メルマガ創刊当初から、
予想業界ではありえない「毎月90%以上の継続率」をキープ。

全くの無名だった一般人がゼロからのスタートで、
売上1億円を突破した驚異のメルマガ。
(しかも誰の手も借りずに全て一人でやっている)

ヒット商品は賛否両論あるだろうが、
(妬みや同業者の嫌がらせがほとんど)

売れていることは紛れもない「事実」
目立つと必ず叩かれるのは当たり前のこと。

誰が何と言おうとヒットしているものは正しい、
これが世の常である。

いいものが売れるとは限らないが、
売れているものは間違いなく「いいもの」である。
(もちろん競馬商材に限ったことではない)


ピーク時の800名を超える人数になりそうな勢いで増加中だが、
(これだけ快進撃が続けば必然か)

まだまだ今年は入口を閉めずに「募集中」

自分はオッズの低下を考慮した上で、
年間回収率を160%に設定しているので安心してほしい。

勝負レースに重賞を選択しているのも、
売り上げが圧倒的に多いからである。

それでも高配当ゾーンは影響が出てしまうが、
安定して当て続ければ何の問題もない。


夏競馬の成績に驚いている方も多いが、
個人的には反省点の方が圧倒的に多い。

現在の自分の「真の実力」はこんなものではないので、
秋競馬は夏競馬以上の快進撃となるはずだ。

自分は周知の通り「後半型」
残り4ヶ月で凄いことになると会員様もワクワクしているはず。

この期待に応えることが自分の使命、
レジまぐ初の公認メルマガとしての責任。

更なる高みを目指して、
まずは今週の2重賞に挑みたいと思う。

今週は京成杯AH、セントウルSの2本立て、
新潟開催の京成杯AHで最も注目している種牡馬を紹介。
(ランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。