スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も大切なこと

毎週コンスタントに馬券を買い続けて、
年間プラス収支を達成できるのは競馬人口のわずか数パーセント。
(ほぼ不可能とも言われているがそこは否定する)

ほとんどが「負け組」であるにもかかわらず、
なぜ世間にはこんなにも「勝ち組」で溢れているのか。

その答えはただ1つ、
勝っているように見せている「自称勝ち組」の存在が多すぎるから。

証拠がなければ何とでも言えるのが競馬。

提供レース、印、買い目を事前に明記した上で、
レース後は提供した全ての結果を報告。

そして的中率、回収率を公表する。
(週間、月間、年間)

これができていない予想家は、
たとえTVや雑誌に出ていようが信用できない。

人間はメディアをすぐに信用するが、
本を出しているからと言ってプラス収支とは限らない。

むしろほとんどがマイナス収支だろう。
(証拠を出している予想家を見たことがない)

予想家の最低限のモラルは「正直」であること。

結果を出していない上に数字をごまかす、嘘をつく、
予想家云々の前に人間として最低である。


さらに相互リンクなどで、
競馬ファンをたらい回しにする行為が目立っているが、

一体あれは何なのか。
(もちろんアマチュアなら問題ないが)

有料予想を提供している人間が、
他のサイトや予想家(予想業者)を紹介するなど、

自分には理解不能、
競馬は「他人との金の奪い合い」ではないのか。

自分は会員様と共に喜びを分かち合いたいと思っているが、
その他の競馬ファンからは金を奪い取る気持ちでやっている。

予想家にはそのくらいの心構えが必要、
孤独に耐えられないようならやめた方がいい。

まるで仲良しクラブ、
男が群れるほど格好悪いものはない。

自分に自信と誇りがあれば、
他の予想家(予想業者)の紹介などしないだろう。

言動や文章を見れば自信があるのかないのか、
本物なのかハッタリ(偽物)なのかもすぐにわかる。


ただでさえ年間プラス収支は難解を極める競馬、
その中で他人も儲けさせるというのは想像を絶するほど困難。

その意味で「本物の予想家」は日本で10人いないはず。

自分もこの先どうなるかはわからないが、
少なくとも現時点では「現役最強」だと思っている。

自分は余程の事がない限り外出しない。
(半年に1回程度、酒を飲むなどもってのほか)

起きている時間のほとんど全てを競馬に注いでいるので、
その成果が数字として表れているだけである。

人の何倍も努力しているので当然と言えば当然、
だから天才でも何でもない。

儲けさせてくれる競馬商材に初めて出会った、
ここまで当たる商材を見たことがないというメールも頂いているが、

飲みに行ったり、TVを見たり、趣味に興じたり、
なんとなくやっている軟弱な予想家とは格が違うのだ。


会員様を抱えている身で、
TVを見たり外で遊んだりすることが信じられない。
(自分はグリーンチャンネルの競馬中継以外にTVは見ない)

日本戦だからといって、
レース当日の日曜朝にワールドカップを見るなど論外だろう。
(世間の様々な情報は新聞で十分)

高校野球を見ている段階で自分の相手になるはずもなく、
夏休みを1日でもとっている予想家は少し考えた方がいい。

買い目を配信するギリギリまでベストを尽くすのがプロ、
お金をいただいているのにいいかげんなことはできないはず。

そして勝っても負けても、
レース直後にやることはたくさんある。

競馬は的中よりも不的中の方が多いが、
勝利よりも敗戦から学ぶことの方が圧倒的に多い。

結果が出ていないからと言って、
気分転換などしている暇など予想家にはないはずだ。

次週にはすぐに競馬開催がやってくる中で、
よく遊んでいる余裕があるかと思う。
(しかも金を取りながら)


無料予想と有料予想は天と地ほどの差があるにもかかわらず、
これを理解していない人間があまりにも多い。

無料で公開している以上「責任」が全くないアマチュアとは違い、
プロは「命懸け」で取り組む必要があるのだ。

それができないのであれば無料予想に戻るべき。

アマチュアは予想が不的中でも、
ブログ管理者が文句を言われる筋合いは全くない。

そして今週は体調が悪いから休もうとか、
成績が悪いので途中で投げ出すのもブログ管理者の自由。

競馬予想業界に限ったことではないが、
アマチュアとプロは「全くの別世界」なのである。
(実際に経験すればわかること)


6月以降の重賞は大波乱の連続。
(特に6、7月は17レース中13レースで3単10万オーバー)

まさに夏競馬らしい配当が続いているが、
こういう時こそプロとして「腕の見せ所」

その中で自分は6月の回収率331%、7月の回収率256%
8月はここまで374%という凄まじい数字。

1点100円計算でも、
わずか2ヶ月半で約60万の利益をお届けしたが、
(それでも反省点の方が多い)

8月に入ってからは5レース中4レースで3単配当が5万未満、
本命党にとっては「ほっと一息」つける配当が続いている。

6、7月の重賞が散々たる結果だった上に、
(穴党にとって6、7月は大チャンスだったはず)

今月の重賞でさえ不的中が続いている予想家は、
一体どの重賞なら当てられるのか?

ちなみに自分は穴党でも本命党でもなく、
どんな配当が来ても仕留めれる体勢でいる。

6、7月は17戦6勝、内4本が10万馬券。
(ダービー10万、ユニコーンS22万、七夕賞12万、エルムS11万)

8月もここまで5戦4勝、
レパードSは13万馬券という特大配当的中。

さらに214倍のアイビスSD、264倍の小倉記念、
そして先週の関屋記念398倍も難なくゲット。

今月唯一の敗戦となったクイーンSも、
◎アロマティコ(6番人気)がハナ差2着とあと一歩。

月間「全勝」という快挙を狙いたかったが仕方ない、
クイーンSは今月一番安い配当だったので諦めもつく。


難解な夏競馬は予想家の実力差が出やすい時期、
まさに「実力の違い」をまざまざと見せつけているが、

これほどたくさんの10万馬券が出現しながら、
6月以降の重賞で10万馬券を1つもゲットできなかった予想家は素人同然。
(もちろん3連単を提供していない予想家は除く)

重賞予想が不調と言っている予想家がいるとすれば、
それは不調なのではない。

ギャンブルなので好不調の波も当然あるが、

難解なレースが続いているので、
単純に「実力不足」だということだろう。

スランプとは「本物」が使う言葉、
未熟者にスランプなどあるわけがない。

ガチガチの配当が来た時は的中の見出しが躍るのだろうが、
(プロを名乗る資格なし)

自分は特大配当の時こそ、
的中の買い目を提供できる予想家でありたい。

いい分析をしても買い目が外れれば「ただのゴミ」
予想家は結果が全て。


穴馬だけをピックアップして自慢している予想家もいるが、
複数の穴馬を挙げれば1頭は来るだろう。

難しいのは「その穴馬を生かす買い方」
本当の勝負はそこなのだ。

競馬は「穴馬発掘ゲーム」なんていう生易しいものではなく、
命の次に大切な金を懸けるギャンブル。

最も難しいのは「買い目」であり、
これがいかに頭を悩ます作業であるということは、

競馬ファン全員が痛いほど分かっていることだろう。

分析術と馬券術が共に備わっていない限り、
決して競馬では勝てないのだ。

買い方のセンスが「勝負の分かれ目」である。


明らかに「実力不足」であるにもかかわらず、
なぜランキング上位なのか不思議でたまらない予想家も多いが、

的外れの予想を提供し続けるのは、
毒を撒き散らしていることと何ら変わりない。

これを理解して一から修行し直すべき、
有料予想はアマチュア(無料予想)と違うのだ。

よくある「充電」とか「休養」とか「多忙」とか適当な理由を見つけて、
実力をつけてから出直した方がいいだろう。

ただし不調の原因が「実力不足」以外のものであるのなら、
早急に原因を見つけて「反撃」を開始すればいい。

本物なら(実力さえあれば)巻き返せるはず。

耐える必要なんてない、
冷静に不調の原因を探し出すことが重要なのだ。

そして「本物」にはスランプが存在することも確かである。
(長いものから短いものまで)

今年は「傾向」が変わってきているので、
その変化に気がついていない予想家の成績が落ちるのは必然。

時代の変化についていけない予想家にとって、
今年は「難解」に感じているはずだ。

自分に言わせれば「油断」以外の何物でもないが、
一刻も早く「傾向」を掴んだ方がいいだろう。

予想家とは「下りエスカレーターを上っているようなもの」
上るのは大変だが落ちるのは一瞬なのだ。


そしてプロの予想家として最も大切なのは、
「真面目であること」

実力をごまかしたり、インチキをしたりしている人間は、
いつか必ず化けの皮がはがれる。

同一人物が他人のフリをして、
複数のサイトで別々の予想を公開したり、

都合が悪くなるとサイト名を変えて何度も復活するなど、
メルマガ会員様から頻繁に報告を受けているが、

こんなことばかりしているから、
予想業界はいつまでたっても「怪しい」と思われるのだ。

そんなことをしている暇があったら、
死に物狂いで「技術」を磨くべきだろう。

それが長く業界に君臨し続ける「唯一の秘訣」
楽をしようと「悪知恵」を実行した瞬間から破滅への道へと向かう。

仮に「不正」がバレなかったとしても、
正々堂々ではない自分に男として恥ずかしくないのかと思う。

あなたの仕事ぶりはあなた自身の姿、
一人の人間として「誇り」だけは失ってはならない。


良心を見失ったら一巻の終わり、
勝利の女神が微笑むはずもない。

実力がないのに儲けることで頭がいっぱいなのだろうが、
その他大勢から抜け出したいのであれば、

他人が遊んでいる時、
他人が寝ている時に努力するしかないのだ。

そして他人が面倒だと思う「膨大なこと」を、
ひたすらやり続けるしかないのである。

メルマガを配信しているのであれば、
そのメルマガに命を懸けていると言えるか。

イエスと言えない予想家は成功できるわけがない。

どんなにズルをしようとも、
実力がない「偽物」は業界から去るしかないのである。

会員数が増えない、継続率が悪いというのは、
信用されるようなことをしていないから。

これに尽きるだろう。

競馬と向き合っている時間が長い人間ほど勝てる、
真摯に取り組んでいる人間が頂点に立つ。

それを証明することが自分の使命、
少なくとも自分は予想という仕事に「誇り」を持っている。

プロの予想家として「肩書き」に相応しい人物、
そしてカッコいいと思える自分であり続けたい。
(カッコつけは厳禁だが)


偉そうな発言を連発しているが、
自分は当たり前のことを言っているだけ。

これを読んで腹が立つ予想家がいるとすれば、
まさに図星をつかれているということ。

同業者に叩かれ続けるのは「百も承知」
(素人のフリをした同業者含む)

自分が目立つと困る人間は多いだろうが、
不正に対して言いたいことはまだまだたくさんある。

これを見てドキッとした人間はすぐに正すべき。

真っ当な提供をしていない人間ほど煙たがるだろうが、
予想家の地位向上が自分の役割だと思っている。
(賛同してくれる予想家がいればうれしい)

そのためには、
自分が結果を出し続けれなければならない。

ここまで強気な発言を連発しながら、
本当に結果を出し続ける予想家も珍しいが。

少しでも結果が出なければ、
ここぞとばかりに非難の集中砲火を浴びるだろう。

負けを願っている人間も多いはず、
しかしその中で勝つのは「これ以上ない快感」
(性格が悪いか)

称賛も非難も有名であるからこそ、
全くの無名なら相手にされず無視されるだけである。


今週は北九州記念、札幌記念の2本立て。

今月一発目のクイーンSは「ハナ差」で不的中だったが、
(◎アロマティコが6番人気でハナ差2着)

その後はアイビスSD214倍、レパードS1345倍
小倉記念264倍、関屋記念398倍と現在4連勝中。

もちろん5、6連勝を狙う所存である。

3連単のみで勝負、
しかも難解な夏重賞で6連勝を達成したら「神の領域」だが、
(4連勝でも十分凄いが)

自分の技術ならそれも可能、
北九州記念は現在「3連覇中」という得意レースだからだ。

毎年高配当が出ているレースだが、
自分は北九州記念との「相性の良さ」が半端ではない。

11年は◎トウカイミステリーが8番人気1着、
昨年は◎ツルマルレオンが6番人気1着。

人気薄の◎が「頭」まで突き抜けることが多く、
3連単勝負の今年は楽しみで仕方がない。

すでに8月は回収率374%で大勝が確定しているが、
もちろん満足はしていない。

さらに数字を伸ばすという意味で、
今週の北九州記念は大チャンスと思っている。


札幌記念も毎年必ず「伏兵」が好走しているレース、
3番人気以内のワンツーは9年連続で起こっていない。

今年も配当妙味は十分あるが、
「この馬」の取捨が大きなポイントだろう。
(ランキング内に掲載中、現在40位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。