スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒット商品とは

夏競馬に入ってからメルマガ会員数が上昇一途、
特に今月は爆発的に増加中。
(これだけ快進撃が続けば必然か)

先月から開始した単発予想(携帯book)も想像以上の大反響。
(携帯bookの売上ランキングは早くも第2位)

単発予想を見て自分の分析術に感動した方が、
メルマガに移行してくるケースも非常に多い。

ピーク時の800名を超える人数になりそうな勢いだが、
これまで以上に賞賛と非難が交錯することにもなるだろう。

有名になればなるほど「非難の矢」に当たりやすくなるが、
それはどの業界でも当たり前のこと。

例えば芸能界でも大スターほど「悪い噂」が絶えない。

一般の人からは妬まれ、
同業者にとっては「目の上のたんこぶ」でしかない。

何とか蹴落とそうと揚げ足を取られ、
時には「事実ではないこと」をばら撒かれる。

しかしそんな中で勝ち続けてこそ「本物」
そして非難の嵐はトップに近づいている証拠でもあるのだ。

負けを願っている人間も多いはずだが、
その中で勝つのは「これ以上ない快感」
(性格が悪いか)

目立つと必ず叩かれるのは当たり前のこと。

人間は他人について評論することが大好きだが、
自分は非難する側ではなく「非難される側」に立ち続けたい。


いいものが売れるとは限らないが、
売れているものは間違いなく「いいもの」である。
(もちろん競馬商材に限ったことではない)

ここにAという「優れた商品」があったとする。

一発屋ではなく何年も売れ続けているロングセラー、
月に1000人が購入する人気商品。

しかしいくら優れた商品でも、
購入した全ての人が満足することはありえないので、

わずか5%の人が商品に不満を持つとすると、
月に50人、年間600人が不満を持つことになる。

この中の数%がネットに悪口を書き込むとすると、
非難が殺到しているように見えるが、

その一方で95%は満足しているので、
年間1万人以上が満足しているということになる。

売れている商品とはこういうことである。

ここに同業者からの「嫌がらせ」も加わるが、
称賛も非難も有名であるからこそなのだ。

全くの無名なら相手にされず無視されるだけ。
(妬みもなければ、同業者にとって脅威でも何でもない)

非難も何もない商品は売れていないだけである。


たかが競馬商材と思って適当に選んでいる方が多いと思うが、
その後の人生が大きく変わると言っても過言ではない。

これはやめた方がいいとネットに書いてあった商材が、
本当にひどい商材で助かる場合もあるだろうし、

その商材が本当は素晴らしいもので、
年間100万の利益を出してくれるものかもしれない。

10年後はどれほどの差ができているのだろう?
だから慎重に選ぶべきだと思う。

例えば同業者が素人のフリをして書き込んだ情報を真に受けたり、
暇つぶしで小学生が書き込んだ戯言を信じて、

大金を手にできなかったとしたら、
これほどばかばかしいことはないだろう。

もちろん書き込んだ人間はその責任を取ってはくれないので、
損をするのは自分だけ。

面と向かって話したら絶対に信じないような場合でも、
ネットだと鵜呑みにしてしまう人が多いが、

会ったこともない人間の意見に流されるのではなく、
自分の目で見たものしか信じない方がいい。
(これは人生という広い視野で言えること)

もちろん予想業界はあやしい商材だけでなく、
実力もないのに平気で売っている人間があまりにも多い。

これは常に念頭に置くべきだが。


ちなみに競馬商材は他の業界に比べて賞賛が少ないのは、
オッズの低下というデメリットが大きいからである。

その商材を買う人が増えるほど当然「オッズ」は下がるので、
自分の購入している商材は「隠れ家的な存在」であってほしい。

アフィリエイトや広告収入などの目的がない限り、
馬券購入者が他の競馬商材を勧めることはない。

口コミで広がりづらい業界、
だから「いいもの」は自分で「いい」と言うしかない。

自分の役割は「予想家の地位向上」
あやしいと思われている予想業界をクリーンなイメージに変えること。

応援していただけるとありがたいが、
いずれにしても自分が結果を出し続けれなければ話にならない。

自分はオッズの低下を考慮した上で、
年間回収率を160%に設定しているので安心してほしい。

勝負レースに重賞を選択しているのも、
売り上げが圧倒的に多いからである。

それでも高配当ゾーンは影響が出てしまうが、
安定して当て続ければ何の問題もない。


ヒット商品は賛否両論あるだろうが、
売れていることは紛れもない「事実」

誰が何と言おうとヒットしているものは正しい、
これが世の常である。

2009年2月に創刊した自身のメルマガ、
昨年の段階で売上は1億円を突破。

有名になってからではなく、
全くの無名だった一般人がゼロからのスタート。

そして誰の手も借りずに全て一人でやっているメルマガとしては、
驚異的な数字だと思っている。

いろんなことに手を出している予想家が目に付く中で、
自分は「メルマガ予想」だけで登り詰めてきた。

こんなことを書くと叩かれそうだが、
メルマガ1本で1億突破という実績が「信頼の証」だと自負している。

他とは格が違うと言っても過言ではない。

さらに競馬予想業界ではありえない、
毎月90%以上の継続率などが評価されて、

1年半前「レジまぐ初の公認メルマガ」に認定されたが、
さらに上を目指して精進していく所存である。


ギャンブルなので好不調の波はあるものの、
会員様に「劇的な成果」をお届けすることが自分の使命。

共に戦い、喜びを分かち合える方は大歓迎、
自分にとってメルマガ会員様は同志、戦友。

ただし競馬は「他人との金の奪い合い」
その他の競馬ファンからは金を奪い取る気持ちでやっている。

つまり自分のメルマガ読者以外は負けてもらうことになる。

今週は小倉記念、レパードSの2本立て、
走り頃と思えるのは「この馬」か。
(ランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。