スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単発予想の反響

たくさんのご要望にお応えして、
先週からスタートした「単発予想」の販売。

記念すべき一発目の提供レースは「七夕賞」

自分が想像していた以上の反響だったが、
まずはその期待に応えることができて良かったと思う。
(12万馬券的中)

なぜプロキオンSではなく、
七夕賞を選択したのかという質問がいくつかあったが、
(単発予想の提供は週1レース)

高配当が期待できる上に、
自分の分析が機能しやすいレースだったからである。
(プロキオンSも的中させたが)

単発予想一発目に相応しいと判断したのだ。


単発予想はメルマガはなく、
レジまぐの携帯bookというシステムを利用して販売。

「競馬データぶろぐ。」という本を発行、
章が1週間毎に増えていくイメージ。
(2章…七夕賞、3章…函館記念、4章…中京記念)

1章(1つのレースの分析結果)の価格が1000円。

もちろん内容はメルマガと全く同じ、
レース前日に「事前検証」のページを更新。

レース当日の8時に「見解」
そして12時に「買い目」のページ更新という流れ。
(どんどんページが増量)

1章(1つのレースの分析結果)のボリュームは、
15ページ前後とお伝えしていたが、

七夕賞は予定通り16ページという量だった。

これで1000円は安すぎるというメールも頂いたが、
確かに読み応えがあることは間違いない。

競馬歴が浅い方でもわかりやすく、
数十年の玄人の方でもご満足いただける内容だと自負している。


個人的には以前と比べて「量」には固執しておらず、
コンパクトにわかりやすく分析結果をお伝えしようと心掛けているが、
(量よりも質が重要)

納得して馬券を買ってもらうためには、
やはり分析結果を詳しく記載する必要があるので、

それなりの量になってしまうのだ。

ボリュームがあった方が喜ばれる傾向にあるので、
それはそれでいいとも思っているが。

いずれにしても的中すれば「最高の予想」で、
不的中なら「ゴミ予想」である。

「こんなに簡単に10万馬券が獲れるなんて思わなかった」
「初めて10万馬券を獲った」

というようなメールも複数頂いたが、
七夕賞12万馬券的中はまだまだ序章に過ぎない。

試しに単発予想を買ってみて、
いきなり10万オーバーは驚くのも無理はないが、

狙うは50万、100万馬券、
狙って獲れる馬券だというのをお見せできればと思う。

自分は起きている時間のほとんど全てを競馬に注いでおり、
余程の事がない限りは外出しないので、

特大配当をゲットして自分の分まで豪遊してほしい。


3連単に移行したのが昨年12月中旬、
3連単移行後の回収率は現在160%オーバー。
(13694.3/8472)

1点100円計算でも50万以上の利益となっている。

勝負レースは「重賞のみ」という少ないチャンスの中、
7ヶ月で10万オーバーの馬券を5本。

阪神C32万、根岸S15万、
ダービー10万、ユニコーンS22万、七夕賞12万。

その他にも阪急杯665.3倍、日経賞605.6倍、
京都新聞杯551.3倍、エプソムC494倍などの的中実績。

買い目の丸乗りで大幅プラス収支を達成してもらう、
これが自分のモットーである。

一部の会員様ではなく、
全ての会員様と喜びを分かち合うためには、

買い目を的中させるしか道はないのだ。

印だけの予想や買い目を明記しない予想は、
プロとして甘えすぎで無責任極まりないと思っている。
(もちろんアマチュアなら問題ない)

競馬ファンが最も頭を悩ませるのは「買い方」
同じ印を見ても「買い方次第」で結果は大きく変わってくる。

印だけの予想で的中と外に自慢されても、
中には買い方を失敗して獲れなかった方が多数いるはず。


メルマガ創刊当初から言い続けているが、
印だけの予想はいくらでも「こじつけ」が可能。

レースが終わってからは何とでも言えるが、
事前に言わなければ意味がない。

買い目を明記しないというのは予防線を張る行為、
これでは「共に戦っている」とは言い難い。
(自分はメルマガ会員様を同志、戦友だと思っている)

競馬は分析力だけが強調され、
馬券力はおろそかにされがちという風潮がある。

もちろん分析力がないと話にならないが、
やはり大切なのは「馬券力」なのだ。

買い目を提供してから、
アレンジするのは会員様の自由というスタンスが、

プロの予想家として「最低限のモラル」だろう。


自分の場合「点数」が多いと感じる方は、
買い目をそのまま馬単に移行すればいいとお伝えしているが、

例えば先週の七夕賞だと21点で335.6倍的中、
馬単的中者もかなり多かったようである。
(レース回収率は驚異の1598%)

もちろん馬単でもここまでプラス収支、
馬単なら的中だったというレースも多い。

再三お伝えしている通り、
馬単で資金を増やして3連単に挑戦していただければと思う。

今の自分の分析術であれば、
おそらく馬単で負けることはないだろう。

しかし今年は3連単で、
会員様に「劇的な成果」をお届けすることが目標。

最も売れている券種は3連単、
競馬ファンのニーズに応えることが「プロ」の役割。


競馬は毎回当たるものではなく、
まして3連単の場合「連戦連勝」などありえない。

ギャンブルなので好不調の波は当然ある。

連敗でギャーギャー騒ぎ立てるのは素人、
競馬だけでなくギャンブル全般に向いていない典型。

全く動じないのが「強いギャンブラー」
一発で仕留めるのがプロの仕事なのだ。

よって長期間お付き合い頂ける方に、
自分の予想を見てもらいたいという思いは変わらないので、

単発予想を見て自分の分析術に興味を持った方は、
メルマガで月購読していただければと思う。

自分が提供する全レースの事前検証、見解、買い目が見れる上、
1レースあたりの料金も安いのでお得。

自分の「全て」を懸けているメルマガなので、
個人的には「格安」だと思っている。


今週は函館2歳S、函館記念の2本立て。

函館2歳Sはメルマガ限定配信、
個人的には函館記念よりも「やりがい」があるレース。

一発を狙っていきたい。

そして後に紹介するが、
自分は函館記念との「相性の良さ」が半端ではない。

単発予想販売はその函館記念を予定しているので、
楽しみにお待ちいただければと思う。

いろんな意味で注目しているのは「この馬」
(ランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。