スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負ける気がしない理由

控除率の壁で年間回収率100%超えは、
極めて困難だと言われている中、

昨年は随所に「勝負強さ」を発揮して129.5%達成。

自分だけでなく他人を儲けさせるというのは大変、
これを改めて思い知ったというのが正直な感想。

以前は「会員様のために」と意気込んでいたが、
完全に逆効果で「買い目」に影響していた。

会員様の資金は当然「千差万別」だが、
そのことも相当気にしての買い目となっていた。

少ない方に合わせるのが予想家として当然だと思っていたし、
メルマガ創刊当初からそういうご要望も非常に多かった。

なるべく少ない資金でプラスになるよう心がけていたが、
(ここに相当こだわっていた)

人のために当てようとすると当たらない、
格好つけてもいいことは何もないのである。

やはり競馬はスケールが大きくないと面白くない。

自分が高配当を的中させて、
資金を作っていただくという考え方に方向転換。

現在は3連単フォーメーション126点が基本。

「3-8-8」は自分の専売特許となっているが、
定期的に10万、100万を狙うなら「網」が必要。

提供レースは「重賞のみ」なので勝負しやすいだろう。

午前中から1000円ずつダラダラ懸けるくらいなら、
1つのレースに1万突っ込んだ方がいい。

それでも点数が多いと感じる方は、
そのまま馬単に移行してもらっている。
(もちろん馬単でもプラス収支)


自分は印だけでなく「買い目、資金配分」を明記、
そして毎週「的中率、回収率」を公開し続けているが、

昨年の上半期は目も当てられない数字だった。
(会員様には本当に申し訳なかった)

しかしスランプの原因に気づいてからというもの、
買い方や資金配分は「自分勝手」

自分が儲ければ結果的に会員様が儲かる。

つまり「自分のために」的中させれば、
会員様と喜びを分かち合うことができるのだ。

おさえるのを完全にやめて「自分らしさ」を放出、
買いたいように買っている。

長いトンネルを脱した後は安定した成績。

8月→回収率102%(379/370)
9月→回収率79%(829/1050)
10月→回収率152%(1988/1310)
11月→回収率80%(1267/1580)
12月→回収率299%(3647.6/1221)
1月→回収率21%(180/838)
2月→回収率181%(1779.9/984)
3月→回収率108%(2290.3/2112)
4月→回収率25%(267.3/1076)
5月→回収率67%(754.8/1134)
6月→回収率331%(3734.7/1128)


8月以降のトータル回収率は、
134%(17117.6/12803)となっている。

1点100円計算でも40万以上の利益。

自分で言うのもなんだが、
1ヶ月5400円(税込)でこれだけの数字を残せば上々だろう。
(4月から消費税8%)

今年は平地重賞126レース全てを提供、
つまり平均すると「1レース約500円」
(5400円×12か月÷126レース)

まさに「ワンコイン予想」

自分の「全て」を懸けているメルマガなので、
個人的には「格安」だと思っている。

この低価格で分析内容、印、買い目と全てを教える上に、
これ以上の成績を叩き出せる商材があるのなら教えて欲しい。
(重賞全レース提供、買い目は最も難解な3連単のみ)


ギャンブルなので好不調の波は当然あるが、
これからも「自分のために」全力を尽くす所存である。

こんなことを言うと叩かれそうだが、
自分のためだけなら負ける気がしない。

本当のことだから仕方ないだろう。

強気な発言を連発しているので、
目標を達成できなかった場合は相当格好悪いが、

どのような結果でも隠さずに報告するので、
FC2読者は「自分の戦い」を楽しみに見ていただければと思う。

買い目(資金配分も)を公表しての年間プラス収支達成、
昨年の目標は有言実行となったが、

今年は年間回収率160%が目標、
会員様に100万の利益を出してもらうことが自分の使命。
(1点100円計算)

大数の法則があるから競馬は絶対に勝てないと、
もっともらしいことを言う評論家がいるが、

大数の法則は凌駕できるということを、
自分は証明し続けたい。


今週はラジオNIKKEI賞、CBC賞の2本立て、
CBC賞の注目血統をランキング内で紹介中。
(現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

メルマガのお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。