スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショウナンマイティの◎理由

6月~8月の3ヶ月間は、
伏兵に◎を打つことが多くなるだろう。
(特に7、8月)

高配当のオンパレードとなる夏競馬、
果敢に10万、100万馬券を狙っていく所存である。

先週の2重賞(鳴尾記念、安田記念)は、
早速9、10番人気馬を◎に抜擢。

前回はアドマイヤタイシの◎理由を記載したが、
せっかくなので今回はショウナンマイティの◎理由について。

以下は自身のメルマガからの抜粋文、
FC2読者にとって今後も使える内容だと自負している。
(今週から役立つかもしれない)


昨年の2着馬ショウナンマイティも穴候補の1頭。

安田記念はリピーター率の高いレース。
(詳細は安田記念1参照)

前々走「上がり2位」をマークしている点もプラス。

アレッジド4×3を内包で「リボーの血」が濃く流れており、
G2よりもG1、上位人気よりも人気薄で積極的に買いたいタイプ。

その意味では今回「絶好の狙い目」
安田記念以来のG1、ここまで人気がないのも久しぶりである。

アレッジドはステイヤー血統ホイストザフラッグ産駒、
凱旋門賞を連覇した歴史的名馬でスタミナの塊。

タフな展開、馬場は望むところ、
ショウナンマイティは厳しい流れでこそ真価を発揮する血統背景。

まさに「安田記念向き」の馬である。

そして先週の目黒記念時にもお伝えしたが、
マンハッタンカフェ産駒は現在の東京芝で爆発中。

5/18以降のマンハッタンカフェ産駒の東京芝成績は、
単勝40倍未満だと(2-2-2-0)

勝率33%、連対率67%、3着内率100%、
単回収率346%、複回収率418%は強烈の一言。

単勝40倍未満と言っても、
6頭の人気は4、6、6、8、8、12番人気の伏兵。

にもかかわらず3着内率100%は驚異的、
馬場が合っているとしか言いようがないだろう。

しかも内3頭は先週のレースである。

土曜3Rヘヴンズチョイス(6番人気1着)
土曜7Rフェアブレシア(8番人気3着)
日曜12Rラブイズブーシェ(12番人気2着)

安田記念の出走馬の中で、
マンハッタンカフェ産駒はショウナンマイティのみ。

単勝40倍未満の人気薄という点も上記の馬たちの同じ。


58キロ克服歴は十分すぎるほど。
(安田記念や宝塚記念で好走)

そして梅雨時期の最強血統リボー。

昨日の鳴尾記念もリボー重視で9番人気アドマイヤタイシ◎、
ブービー人気シゲルササグリを大穴に指名。

それぞれハナ差2着、5着と大健闘、
昨年の安田記念もワンツーを決めている。

リボー系アレッジド4×3を内包したショウナンマイティ、
一発の魅力では同馬の右に出る者はいない。

昨日の東京芝レースでもリボーは機能、
アレッジドの血が濃く流れていた馬も活躍。

6Rラフィナートは15番人気3着、9Rダービーフィズはハナ差2着。
(2頭共に母母父がアレッジド系)

しかもラフィナートは母父がストームキャット系、
つまり母系はショウナンマイティと同配合。
(ショウナンマイティは母父ストームキャット、母母父アレッジド)

ラフィナートがあれだけ走れれば、
ショウナンマイティも馬場はドンピシャの可能性大。

ちなみに10Rの勝ち馬も「母父ストームキャット」

さらに現在の東京芝はマンハッタンカフェ産駒が爆発中だが、
(詳細は安田記念2参照)

昨日は12、14番人気の2頭が出走、
その内の1頭が4着と人気を大きく上回る走り。
(6R14番人気エルトント)

まさにショウナンマイティの激走を示唆するかのような「一連の流れ」
父系、母系共に現在の馬場で強調できる血が詰まっている。

リボーはG2よりもG1、上位人気よりも人気薄、
そして良馬場よりもタフな馬場で積極的に買いたいタイプ。

今回のショウナンマイティは全てに当てはまるでので、
迷わず◎に抜擢する。

リボーと言えばタップダンスシチーが真っ先に思い浮かぶが、
同馬は極悪馬場だったJCでシンボリクリスエス相手に9馬身差の圧勝。

他馬にとって厳しい条件下で最も力を発揮するのがリボー、
タフな府中のマイルG1、酷量58キロ、馬場悪化と条件は揃った。

重、不良の芝G1を「人気薄」で唯一勝ったレインボーダリアも、
リボーの血が濃く流れている馬であった。


以上がメルマガからの抜粋文。

二桁人気に甘んじていたが、
ショウナンマイティの激走は必然だったと言える。

これだけ買い材料が揃っていれば◎にしない理由はないだろう。

目黒記念で12番人気ラブイズブーシェを大穴に指名した理由も、
お分かりいただけたと思う。

先週の2重賞(鳴尾記念、安田記念)は人気薄を◎にしたが、
難しく考えず「ストレートな分析」で素直に打っただけ。

◎の選択はこの方がうまくいく場合が多いもの。

あとはヒモ抜けに注意したいところ、
人気薄の◎を台無しにしないよう心がけたい。


今週は先週ほどの人気薄に◎を打つかどうかは未定、
土曜の馬場次第だと思っているが、

やはり両重賞とも「この血」は重視したい。
(ランキング内に掲載中、現在70位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

メルマガのお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。