スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドマイヤタイシの◎理由

6月~8月の3ヶ月間は、
伏兵に◎を打つことが多くなるだろう。
(特に7、8月)

高配当のオンパレードとなる夏競馬、
果敢に10万、100万馬券を狙っていく所存である。

先週の2重賞は早速9、10番人気馬を◎に抜擢。

今回は日頃の感謝の気持ちを込めて、
アドマイヤタイシの◎理由について記載しようと思う。

以下は自身のメルマガからの抜粋文、
FC2読者にとって今後も役立つ内容だと自負している。


先行できるアドマイヤタイシは大穴候補。

母父ドバイミレニアムは当レースで強調できるミスプロ系、
しかも母母父ダンチヒで開幕週向きのスピードを感じさせる血統背景。

コーナー4回の2000M重賞で3度連対。
(福島記念、中山金杯、中日新聞杯)

長期休養明けを一叩きしての得意舞台、
変わり身に警戒したい。

近親グラスワンダーは阪神芝2200Mの宝塚記念圧勝、
これもアドマイヤタイシにとって心強い。
(宝塚記念は鳴尾記念と同じ6月の阪神内回り)

しかもシングスピール産駒は急坂2000Mの鬼。

阪神&中山芝2000Mの成績は、
過去10年で(6-3-1-3)

勝率46%、連対率69%、3着内率77%、
単回収率154%、複回収率144%は強烈の一言。

シングスピール産駒ではないが、
父父シングスピールのロゴタイプが皐月賞馬になったのも必然。


>ここは配当妙味も考えて、
人気薄アドマイヤタイシを◎に抜擢。

急坂2000Mの鬼シングスピール産駒。

近親に阪神芝2200の宝塚記念圧勝のグラスワンダー、
さらに昨年の勝ち馬トウケイヘイローと共通点が多い血統背景。

<トウケイヘイロー>
父ゴールドヘイロー(父ヘイロー系×母父シーキングザゴールド)
母父ミルジョージ(母父リボー系)

<アドマイヤタイシ>
父シングスピール(母父ヘイロー)
母父ドバイミレニアム(父シーキングザゴールド)
母母母父リボー系

2頭共に「ヘイロー、シーキングザゴールド」の血が濃く流れている上に、
(ミスプロをはじめとする米国血統は当レースの好走血統)

母系には「リボー」の血も流れている。
(メルマガ創刊当初からお伝えしているようにリボーは梅雨時期の最強血統)

アドマイヤタイシは文句なしで「血統評価1位」
暑さに強いダンチヒを母母父に持っていることもプラス。

コーナー4回の2000M重賞で3度連対、
血統、実績から今回はドンピシャの条件だろう。

良馬場だが「パンパンの良馬場」ではないことも追い風、
同馬向きの「程よいスピード馬場」

ここは叩き2戦目で「絶好の狙い目」と見る。


以上がメルマガからの抜粋文、
結果は9番人気の低評価を覆してハナ差2着。

血統評価1位に相応しい走りを見せてくれたが、
夏は血統分析が最も機能しやすい時期なのだ。

事前検証段階だが、
エプソムCで最も注目している血統は「これ」
(ランキング内に掲載中、現在70位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

メルマガのお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。