スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二桁人気を拾いまくり

今年の夏は50万以上の馬券をゲットすることが目標、
狙って獲れる馬券だということを証明したい。
(もちろんやみくもに狙うのではなく、大波乱が期待できるレースで)

というわけで夏競馬に突入してからは、
二桁人気に印を打ちまくっている。

3連単のみで勝負している自分の印は、
1レースあたり「8頭」と決めているが、

最近は複数の二桁人気に印を回すことが定番、
しかも二桁人気とは思えない好走率の高さ。

近1ヶ月を振り返ってみると、
(印を打った二桁人気の数)

先週の函館2歳Sは2頭、中京記念は3頭、
先々週の函館記念は2頭、3週前の七夕賞も2頭。

4週前のラジオNIKKEI賞は半数の4頭、
そして5週前は二桁人気デニムアンドルビーを◎に抜擢。

デニムアンドルビーの激走を馬券に生かすことはできなかったが、
(52万馬券を逃したのは痛恨)

ラジオNIKKEI賞は751倍、函館2歳Sは342倍、
合わせ技で10万オーバーとなって月間プラス収支達成。

それぞれマルターズアポジー、ヒルダが二桁人気で好走。
(前者は☆、後者は5番手評価)

七夕賞で「最後の切り札」に指名したハギノハイブリッドも、
二桁人気ながら2着に好走。
(◎とのワンツーで馬単万券決着)

思えば6月1週目の安田記念も2頭の二桁人気に印を回し、
その内の1頭☆クラレントが12万馬券的中に貢献してくれた。
(☆は2、3着の観点から、最も魅力的な穴馬に打つ印)


夏重賞は難解と言われているが、
プロにとっては「おいしいレース」のオンパレード。
(独特のレースが多いので)

難解な夏競馬こそプロとして「腕の見せ所」
そしてプロが最も稼げる季節と言えるだろう。

夏の重賞は「夏競馬らしいファクター」が目白押し、
長年機能しているデータを多数持っているのが自分の強み。

もちろん現在のトレンドを把握することも忘れてはならない。
(要はバランスが大切)

大波乱が期待できるレースでは、
果敢に特大配当を狙っていく所存である。

8月も思い切った印を打ちたいところ、
つまり「危険な人気馬」の選別も非常に重要となる。
(大穴を拾うには、人気馬を切る必要あり)

夏重賞は上位人気の信頼度が低いレースが多く、
一発で決めれる破壊力を持ち合わせているが、

1~5番人気が全馬「馬券圏外」に敗れることは稀、
どんなに荒れるレースでも1頭は「馬券圏内」に入ることが多い。

これは念頭に置く必要あり。
(先週の中京記念も人気薄のワンツーだったが、3着は上位人気)


競馬はブラッドスポーツ、
自分の分析の土台は血統であることは周知の通り。

一方で血統以外の様々な角度からも分析しているが、
(例えば函館2歳Sは生まれ月、ラジニケ賞は非社台に注目)

意外に有効なのが「調教師面」
(意外でもないか)

二桁人気の激走に一枚噛んでいることが少なくない。
(得意コース、勝負をかける開催、勝負ライン、得意の間隔など)

以下は自身のメルマガからの抜粋文。


木原厩舎も中京芝が得意、
新装後の単勝回収率は517%、複勝回収率は253%と圧巻の数字。
(母数は70、3着内率は30%)

好走馬の半数以上が人気薄、
これが凄まじい回収率に繋がっている。
(単年ではなく、毎年プラス計上)

重賞ではフーラブライドが有名。
(12年愛知杯で12番人気1着)

今開催も出走させた9頭全馬「7番人気以下」だったが、
内3頭が特大配当を演出している。

先々週は単勝52倍ゴットラウディーが2着、
先週は単勝93倍シゲルエベッサンが3着。

そして昨日は4Rで単勝56倍リッチガールが1着、
3単配当は400万オーバー。

ちなみに「木原ー名古屋競馬ライン」と言えば、
メイケイペガムーンが記憶に新しいところ。

地元中京で未勝利を勝ち、
続く中京2歳Sでは8頭中6番人気ながら3着。

そして昨年7月の500万では、
単勝243倍という超人気薄で逃げ切り勝ち。
(馬単は71万、3単は圧巻の1299万馬券)


以上がメルマガからの抜粋文。

これは中京記念に出走した、
メイケイペガスターの見解の中で記載した内容。

人気薄ながら馬自身も買い材料が豊富だったので、
大敗のリスクはあるとお伝えした上で◎を打ったが、

結果はご存知の通り「悪い方」が出てしまって大敗、
それでも木原厩舎は中京芝が得意であることに変わりはない。
(当たり前だが、全馬が好走するわけではない)

単複ベタ買いでも毎年大幅プラス、
単年ではなく「毎年」というところに価値がある。

出走数は毎年20頭以下という手頃な頭数なので狙いやすい上に、
他の券種に絡めれば特大配当ゲットも決して難しくない。

馬主との関連性もあるが、
今後も中京芝で注目すべき厩舎。

今開催も毎週物凄いことになっていたが、
中京記念前日のリッチガールで打ち止めだったか。


自分は他にも様々な人間面の有効データを保有、
他レースに応用可能な独自データも盛りだくさん。
(すぐに使えるものから、長期的に役立つものまで)

破壊力抜群で競馬ファンには「たまらない内容」
今後も楽しみにしていただければと思う。

今週はアイビスSD、クイーンSの2本立て、
昨年はアイビスSDが▲◎△、クイーンSが△◎▲。

両重賞共に◎が連対、▲も好走と相性抜群、
8月のスタートダッシュを決めるには申し分ないレース。

本日は枠順が発表されたが、
いい枠をもらったなと思うのは「この馬」
(馬名はランキング内に掲載中、現在50位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

単発予想購入はこちらから→「競馬データぶろぐ。の単発予想」

メルマガ、単発予想のお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


スポンサーサイト
プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。