スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンカメ産駒の異常事態

競馬はブラッドスポーツ。

前回のFC2ブログでは、
3頭の種牡馬の特徴を一部だけ公開した。

今後も使える内容なので、
ぜひ参考にしていただければと思う。

もちろんデータは常に新鮮な状態でなければならないが、
データとは「全体像」をつかむものでもある。

なぜOPクラスのダンスは連勝しないのか。

なぜジャンポケは小倉1800の内枠が苦手なのか、
なぜショウナンカンプは延長ローテが苦手なのか。

数字だけを追っかけていては駄目、
「木を見て森を見ず」では競馬は勝てないのだ。

それを如実に表したレースがフェブラリーS、
これは自分のミス以外の何物でもない。


以下は根岸S時のメルマガからの抜粋文、
3番人気アドマイヤロイヤルについての見解。

>さらにキングカメハメハ産駒も、
冬の東京開催のダート短距離で勝ち切れない傾向。

1回東京ダ1400~1600Mの成績は、
10年以降(0-9-4-56)

69頭中26頭が「5番人気以内」に支持されたが、
勝った馬は1頭もいない。

もちろん今後は勝つ産駒も出てくるだろうが、
敢えて重賞の上位人気馬を「頭」から積極的に買う必要もないか。


以上がメルマガからの抜粋文。

3年連続でダートリーディングサイアー、
天下のキングカメハメハとは思えない「異常事態」

アドマイヤロイヤルは「頭なし」の7番手としたが、
結果は5着と血統通り。

いくら東京巧者の同馬でも、
このデータの前に屈する形で凡走したのだ。

根岸Sの15万馬券的中に貢献したデータとなったが、
根岸S以降はどうなっていたのか。

キンカメ産駒の1回東京ダ1400~1600M成績は、
10年以降(1-12-5-70)

4年以上にわたって続いていた連敗が、
今月18日の東京3R未勝利戦でストップした。
(4番人気ノースショアビーチ1着)

この結果を受けて、
フェブラリーSの「2強の取捨」を甘くしてしまったが、

まさに「木を見て森を見ず」の予想、
これは大いに反省しなければならないだろう。

ホッコータルマエ2着、ベルシャザール3着。

この時期の東京ダート短距離は、
キングカメハメハにとって「鬼門」なのである。

コパノリッキーを交わせなかったのも必然か。


自分の血統ファクターは無数に存在、
10年以上に及ぶ研究で確立した「唯一無二の分析術」

今後も堪能していただければと思う。
(もちろん血統以外にも無数の有効ファクターを所持)

メルマガでは惜しみなく披露していくが、
FC2ブログでもほんの一部だが紹介していくので、

興味のある方は訪問していただければと思う。

本日の昼は大竹厩舎に関する驚愕の事実を紹介したが、
今回は池江泰寿厩舎の相当役立つ「旬のデータ」を紹介。
(ランキング内に掲載中、現在80位付近)


人気ブログランキングへ


レジまぐ初の公認メルマガ「競馬データぶろぐ。」
購読をご希望の方は以下のリンク先から。

モバイル版メルマガ
PC版メルマガ

メルマガのお申込みは、
クレジット決済、コンビニ決済、ペイジー決済の3種類に加えて、

2012年から待望の銀行振込に対応。


スポンサーサイト
プロフィール

korifu

Author:korifu
レジまぐの競馬カテゴリー、
セールスランキング第1位。
(全コンテンツ対象でも堂々の1位)

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー(写真付き)掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

13年の年間回収率129.5%
14年の年間回収率137.3%

勝負レースは重賞のみ、
モットーは「資金一極集中」

13年12月より3連単のみで勝負。
(メルマガで分析内容、買い目配信)

主な高額配当的中実績(3連単移行後の13年12月中旬以降)
13年阪神C32万8560円
14年富士S26万6760円
14年ユニコーンS22万770円
14年根岸S15万8760円
14年レパードS13万4570円
15年安田記念12万7190円
14年七夕賞12万1740円
14年エルムS11万7750円
14年ダービー10万3300円
発行メルマガのご案内
<モバイル版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ> レジまぐ商品の購入はこちら!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。